アルファードの燃費・実燃費の調査

 

アルファードはトヨタが開発した大型ミニバンで、同ジャンルでは国内最高級車種となっています。

 

アルファードはLLクラスのミニバンのため、燃費性能に関してはどうしても悪いイメージがあります。ここでは、アルファードの燃費性能・実燃費についてさまざまな側面から徹底解説していきます。

 

 

ガソリン車・ハイブリッド車の性能や費用を比較

 

アルファードにはガソリン車・ハイブリッド車の2種類のパワーユニットがあります。

 

パワーユニット

エンジン(cc)

燃費性能

ハイブリッド

2500cc

18.4~19.4km/リットル

ガソリンエンジン

2500cc

11.4~11.6km/リットル

ガソリンエンジン

3500cc

9.5km/リットル

 

↑がアルファードのパワーユニット別燃費性能となりますが、ハイブリッドが圧倒的に高性能となっています。アルファードのハイブリッドの方が燃費性能が高いので、「コスト重視ならハイブリッドかな」と思うかもしれません。しかし、実際にはそんなに単純ではありません。

 

アルファードのハイブリッドはガソリンに比べてバッテリーが追加されたり、複雑なシステムが組み込まれることになります。その分車体価格がするアップため、単純に「燃費がいいからアルファードのハイブリッドの方がオトク」とは言えないのです。実際、アルファードの場合、ガソリン車とハイブリッド車の差額は80~100万円となるので、このコストを考慮しないといけません。

 

パワーユニット

1km走るのにかかる燃料代

ハイブリッド

約6.3円

ガソリン(2500cc)

約10.9円

ガソリン(3500cc)

約12.6円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

↑はアルファードの各パワーユニットの1km走るのにかかる燃料代の一覧となります。アルファードのハイブリッドは2500ccガソリンエンジンにくらべて、1kmあたり約5円オトクということです。つまり、ハイブリッドで10万キロ走れば、ガソリン車に比べて50万円燃料代がおトクということになります。

 

ですが、アルファードのハイブリッドとガソリンの車体価格差は80~100万円ですから、ハイブリッドで10万キロ走っても、トータルコストではマイナスとなります。トータルコストで並ぶのは、15~20万キロ走ったころとなるので、実はハイブリッドでおトクになるのはかなりレアケースなのです。

 

じゃあハイブリッドは損なのか? というと、そうとも言い切れません。ハイブリッドは燃費性能アップ以外にもさまざまなメリットがあります。

 

  1. バッテリーで走行する状況があるため、静音性が高い。
  2. 燃費性能が高い分、ガソリン給油回数が少なくてよい。
  3. モーターが付属する分、ガソリン車に比べてややパワーが増す。
  4. ハイブリッド車の方が、中古として売るときの価値(リセールバリュー)が高い。

 

アルファードのハイブリッドには、これらのメリットがあります。そのため、トータルコスト的には損をするケースが多いですが、普段の運転が快適になるなどいい点もいろいろあるのです。アルファードハイブリッドのこの「メリット」を受けたいなら、数十万円のコスト増を受け入れて購入するのもアリでしょう。

 

トータルで考えるとアルファードはどちらがお得なのかをまずは考えていきましょう。

 

種別

燃費

トータルコスト

ガソリン

ハイブリッド

 

まとめると、

 

  1. コスト重視なら、ガソリン車アルファードがおすすめ。
  2. 快適性重視なら、ハイブリッドが良い。

 

このように言えるでしょう。

 

4WDの燃費性能は?

 

一般的に、4WDを選ぶと燃費性能は低下してしまいます。それではアルファードの場合はどうなのでしょうか?

 

車種名

2WD→4WD 燃費性能(km/リットル)

燃費低下率

アルファード(2500cc)

12.4→12.0

3.3%

アルファード(3500cc)

9.5→9.1

4.2%

※アルファードのハイブリッドは4WDの設定がないので省略

 

アルファードの4WD燃費低下率は3.3~4.2%となります。アルファードの4WDで年間1万キロ走行するとしても、コスト差額は5000円程度となります。4WDを選ぶと燃費性能が10%以上低下する車種もあるなか、アルファードは4WDでも性能低下しにくい車種と言えるでしょう。

 

もちろんアルファードの4WDを選ぶと20万円程度車体価格がアップするので、コスト増は避けられません。ただ、いったんアルファードを購入してしまえば、その後のコスト差はあまり気にしなくてもいいでしょう。

 

各グレードの燃費性能差は?

 

アルファードはグレードごとに若干燃費性能に違いがあります。

 

パワーユニット

グレード名

燃費性能

ハイブリッド

Executive Lounge

18.4km/リットル

ハイブリッド

G

18.4km/リットル

ハイブリッド

X

19.4km/リットル

ハイブリッド

“Cパッケージ”

18.4km/リットル

ハイブリッド

SR

18.4km/リットル

ガソリン車(3500cc)

GF

9.4km/リットル

ガソリン車(3500cc)

“Cパッケージ”

9.5km/リットル

ガソリン車(3500cc)

SA

9.5km/リットル

ガソリン車(2500cc)

G

12.8km/リットル

ガソリン車(2500cc)

X

12.8km/リットル

ガソリン車(2500cc)

“Cパッケージ”

12.4km/リットル

ガソリン車(2500cc)

S

12.8km/リットル

※アイドリングストップ装着車の燃費一覧となります。

 

↑はアルファードの各グレードと燃費性能となります。見てわかるとおり違いはありますが、差はごくわずかなのでほとんど気にするほどではありません。年間燃料コストが数千円変わってくる程度の差なので、アルファードの各グレード燃費性能差については全く考慮する必要はないでしょう。

 

ライバル車(エルグランド・エスティマ・オデッセイなど)との燃費比較

 

アルファードを買おうか検討しているけど、燃費の面で他のライバル車も気になるという人もいるでしょう。アルファードのハイブリッド・ガソリン車の両面から比較してみました。

 

まずアルファードハイブリッドですが、LLサイズミニバンのハイブリッドとなるかなり限られ、エスティマオデッセイくらいしか該当車はありません。

 

車種名

車体価格(ハイブリッド)

燃費性能

アルファード

 

415~703万円

18.4~19.4km/リットル

エスティマ

 

430~490万円

18.0km/リットル

オデッセイ

 

356~400万円

24.4~26.0km/リットル

 

↑はアルファードハイブリッドとエスティマハイブリッドの車体価格・燃費性能比較となります。意外なことに、最廉価モデルについてはエスティマの方が車体価格は高いです。また、オデッセイはアルファードよりワンサイズ小さいので価格は安いです。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

アルファードハイブリッド

約6.3円

エスティマハイブリッド

約6.6円

オデッセイハイブリッド

約4.6円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

まずエスティマですが、1kmあたりの燃料コストの差額は0.3円なので、10万キロ走ってもコスト差額は3万円にしかなりません。つまり、アルファードとエスティマに関しては、燃費性能はほとんど変化なしと考えていいでしょう。もし迷っているようなら、車体コストやスペックのみを考慮して考えればOKです。

 

そしてオデッセイですが、1kmあたりの燃料コストの差額は2.0円となり、10万キロ走ると20万円のコスト差額が生じます。車体価格もアルファードより安いので、コストだけを見たらオデッセイの方が圧倒的に有利です。ただ、車内のプレミアム感などは段違いにアルファードの方が上です。コストだけで考えるならオデッセイでもいいですが、後で後悔しない選択をしましょう。

 

 

 

次にアルファードのガソリン車についてです。ガソリン車の場合、エスティマだけでなく、エルグランドも選択肢に入ります。もともと、他メーカーでアルファードの最大のライバルとなるのはエルグランドでしょう。

 

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

アルファード

 

319~417万円(2500cc)

414~484万円(3500cc)

11.4km/リットル(2500cc)

9.5km/リットル(3500cc)

エルグランド

 

320~434万円(2500cc)

412~554万円(3500cc)

10.8km/リットル(2500cc)

9.4km/リットル(3500cc)

エスティマ(2400cc)

 

331~370万円

11.4km/リットル

オデッセイ(2400cc)

 

276~345万円

13.4~14.0km/リットル

※3500ccエンジン

 

↑はアルファードガソリン車の価格&燃費比較となります。さすがにエルグランドは本命ライバルだけあって、価格帯の燃費も似通っています。エスティマもアルファードに近いですが、やはりオデッセイに関してはコスト面でアルファードよりお得に見えます。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

アルファードガソリン車(2500cc)

約10.5円

アルファードガソリン車(3500cc)

約12.6円

エルグランド(2500cc)

約11.1円

エルグランド(3500cc)

約12.7円

エスティマ(2400cc)

約10.5円

オデッセイ(2400cc)

約8.6円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

1km当たりの燃料コストで考えると、各車種ともそれほど変わらないことがわかります。まずアルファードとエルグランドですが、アルファードの方が若干コストが安いものの、トータルコストで数万円の差なので誤差の範囲内でしょう。エスティマに関しても同じです。

 

オデッセイは多少燃料コストが安くなっていますが、ハイブリッドの場合と同じくアルファードとは車格が違うので一概に比較はできません。多少予算をはたいて高級車を買うというのなら、ちょっとくらい維持コストが安いからといってオデッセイを選ぶと後悔するかもしれません。

 

ヴェルファイアの燃費性能は全く同じ

 

アルファードが欲しいけど、ヴェルファイアも気になる… なんて人は多いはずです。そこで、燃費が違うのかどうかが気になっている人もいるでしょう。

 

結論から言うと、アルファードとヴェルファイアの燃費性能は全く変わりません。ヴェルファイアはアルファードの姉妹車です。各グレードの名前が違うくらいで、価格・性能の差はほとんどありません。数値上も燃費性能は全く同じなので、燃料コストを気にして選ぶ必要はありません。

 

アルファードの実燃費は?実際に検証してみた

 

アルファードの燃費性能について解説してきましたが、これはデータ上のことであって、実燃費は走行環境や運転方法によって左右されます。なので、「実際はどうなの?」というのが大多数のドライバーの気になるところなはずです。

 

ここでは、実際にアルファードのガソリン・ハイブリッド車に試乗したデータを公開します。

 

いずれのアルファードも長距離移動ではないので正確な実燃費とは言えませんが、ある程度参考になるはずです。

 

 

 

試乗車:アルファードハイブリッド G、アルファード X(2500cc)
条件:2名乗車、エアコンON

 

ハイブリッド 12.8km/リットル(実燃費)
ガソリン車(2500cc) 8.7km/リットル(実燃費)

 

エアコンをONにしていたのですが、ハイブリッドだと12.8kmで2ケタを達成。長距離だともっと変わっていたかもしれませんが、街乗りだともっとオトクに走れたかもしれません。

 

アルファードガソリン車に関しては、7.7kmとそんなに良くない数値。スペック的にハイブリッドよりずっと下なのでしょうがないですが、燃料コストについてはある程度覚悟したほうがよさそうです。

 

状況別燃費性能差について

 

次に、状況別の燃費性能差をざっくりとみていきます。

 

市街地(街乗り)

 

市街地だと、ブレーキをかけたりするケースが多いため、アルファードのハイブリッドの方が燃費的には有利に見えました。実燃費に関しても、カタログスペックとそれほど遜色ない数値を叩きだすことができます。ただ、ガソリン車もアイドリングストップがうまく動作していたため、不利になりすぎない程度にはなっていたと思います。

 

郊外

 

ブレーキをそれほどかけないシチュエーションでは、ハイブリッドの利点は多少なくなるため、実燃費は落ちやすくなっています。一方、ガソリン車がもっともカタログスペックに近くなるのは、一定速度で走行しているときでした。有料道路、高速道路では余計にこの傾向が出るでしょう。

 

渋滞

 

渋滞しているシチュエーションでは、アルファードのハイブリッドが圧倒的に有利。電動走行が活用され、スペックとほぼ同等の燃費性能を保つことができます。一方、ガソリン車はスイスイ走っているときに比べて燃費がガタ落ちします。

 

坂道

 

坂道走行中は、アルファードのハイブリッド・ガソリンともに燃費は落ちてしまいます。

 

以上を考慮すると、

 

居住環境

おすすめパワーユニット

市街地

ハイブリッド

郊外・田舎

ガソリンエンジン

山岳地

ガソリンエンジン

 

住んでいる環境に最適なパワーユニットは↑のようになるでしょう。市街地は信号で止まったり、渋滞していたりする状況が多いので、アルファードのハイブリッドが力を発揮します。トータルコストはハイブリッドの方が高くなりがちですが、市街地なら差額を縮めやすいでしょう。

 

一方、郊外・田舎に住んでいる場合は、ハイブリッドの性能をフルに発揮することは難しいです。トータルコスト差を考えると、ガソリン車の方がよいでしょう。同じく、山岳地もパワーユニットの有利/不利がでにくいので、ガソリン車を選んだ方が総額では安く済みそうです。

 

実燃費の口コミを調べてみよう

 

アルファードの試乗燃費データをご紹介しましたが、あくまでこれは一例なので確定情報ではありません。詳細のアルファードの実燃費を知るためには、多くのデータが必要となります。

 

アルファードの実燃費データを知る方法としては、「みんカラ」を利用する方法が一番確実です。

 

 

有志のユーザーによる膨大な燃費記録データが投稿されており、平均値もわかります。この平均値を見れば、実際のアルファードの実燃費はだいたいイメージできるはずです。

 

参考ページ:みんカラ

 

パワーユニット

投稿件数

平均実燃費

アルファードハイブリッド

5000件以上

11.6km/リットル

アルファードガソリン

8000件以上

8.6km/リットル

エスティマハイブリッド

10000件以上

12.6km/リットル

エスティマガソリン

18000件以上

9.0km/リットル

エルグランドガソリン

10000件以上

7.8km/リットル

 

↑が平均データですが、アルファードのハイブリッドの場合は11.6kmとなります。カタログスペックでは同程度のエスティマと比べると、実燃費は若干落ちていることから、アルファードの実燃費はそれほどよくないと言えるかもしれません。アルファードの方が車重が重いので、その影響が出ている可能性があります。とはいえ、1年で1万キロ走行するとして、コスト差は1万円以内なのであまり気にするほどではないでしょう。

 

一方、エルグランドとの比較に関してはアルファードの実燃費の方が勝っています。こちらも大きな差ではありませんが、アルファードを選ぶ理由の1つにはなりそうです。

 

アルファードの燃費まとめ

 

アルファードはハイブリッドモデルも用意されており、カタログ燃費性能はLLサイズミニバンとしてはかなり高い数値を誇っています。また、アルファードのガソリンエンジン車に関しても、他のライバル車と比較してそれほど悪いわけではありません。

 

ただ、アルファードは実燃費と言う意味では、どうしてもカタログ数値よりは落ちてしまいます。すでに紹介したように、アルファードのカタログスペックより4割程度実燃費は落ちてしまうので、実際アルファードを買ってみると「アルファードは思ったより燃料費がかかるなぁ」ということになるかもしれません。

 

燃料コストを浮かせる方法としては、アルファードの購入費用を下げる方法があります。アルファードはディーラーで購入する際に値引き交渉ができるので、うまく商談を進めれば10~20万円安く買うことができます。

 

⇒ アルファード値引きの方法とは

 

↑のサイトでは、アルファードの値引き方法を初心者にもわかりやすく解説されています。一度見てみてください。

 

 

また、1つ大切なことがあります。それは、今乗っている車の売却です。「ディーラーに下取りに出す」という人が多いと思いますが、ディーラー下取りは世間の相場に比べて10万~20万ほど安い傾向があります。そのため、そのまま下取りに出してしまうと、せっかく値引きに成功してもトータルではマイナス、なんてことになりかねません。

 

そこで便利なのが、【ネット一括査定】です。一括査定なのでオークション状態となり、業者間で車を奪い合う形になるため、買取価格が高騰しやすいです。

 

おすすめの一括査定は「ズバット車買取比較」となります。
https://www.zba.jp/

 

査定自体は1分くらいなので、とてもラクです。

 

しかも、↓のように、愛車がどのくらいの価格なのかもその場でチェックできます。

 

 

ディーラー下取りよりも平均15万円、最高で100万円近くの差になることもあるので、アルファードの購入を検討しているなら、事前の査定をしておきましょう。

 

⇒ https://www.zba.jp/